ご挨拶

私はサラリーマン時代、日本とベトナム間の交流に関わる様々な業務経験の中で、両国の通商において多くの摩擦が存在することを認識していました。そして、 その問題解決へ向けて、新たに独自のサービスを提供できないかと考え続けて参りました。このような経緯をもとに、新たなサービスを提供する為の具体的な構 想を練り、同志を募って起業するに至りました。

現在、二国間の友好関係において、言語や文化的な違いによる価値観の差はありますが、このような文化交流や経済活動における交流など、多面的に振興が深まっています。弊社スタッフは共通の理念のもと、個々の専門性を活かし、仕事に取り組んでいます。

略歴とJVCを創るまでの経緯

1976年04月生まれ、1996年4月に留学を目的として来日、日本語学校と経理専門学校と大学を卒業後、東京農業大学大学院(修士課程)で経営学と食品マーケティングを学ぶ2005年修了。
株式会社ムート精工(技術開発部・金型課)、株式会社アトラスコンピューター(システム開発部)、GAコンサルタンツ株式会社(事業戦略室)関東情報産業協同組合(国際事業部)を経て、2014年08月ジャパンベトナムコンサルティング株式会社を設立。

取得資格:日本語能力検定N1

私が気づいたこと

日本の労働力不足の現状と、ベトナムの特に農民の貧困を見るにつけ、今後日本とベトナムが、協力関係を結べば、双方にとって役に立つプロジェクトが出来るはず、と確信しました。
日本とベトナムの人口構成を5年毎に分類すると、(人工ピラミッド2011年)日本で最も多いのは65~70歳の団塊の世代で、今後の少子化はますます進 みます。一方ベトナムに於いては、(人工ピラミッド2010年による)と、約8,800万人のうち、最も多い人口は15~19歳となっており人口構成はま さに補完できる形状になっていると考えます。

投稿者: | カテゴリー:

パーマリンク